project_message

 

「物語」とは私たちが生きる限りどこにでも、どんな物にでも存在しています。
それは、発見し、切り取り、彩り、言葉にして想い、語り合うことによって
私たち自身の人生をより豊かにしてくれるものだと考えます。

自らが生かされている自然との関係を想うこと、
新しく命が生まれたこと、大切な命が失われたこと、恋愛し失恋したこと、
生涯を掛けて極める仕事を決めたこと、
いつかの誰かの時間を想うこと、
特別ではない明日を想像すること。
それらは皆、物語です。

今日乗った電車にだって、今来ている服にだって、目の前の少し冷めたコーヒーにだって、
そのコーヒーが入ったマグカップにでさえ物語はいつも存在しています。
桜onプロジェクトは、あなたが自らの「物語」を大切にし、
隣に在る「物語」を思いやりながら生きることの「価値」を改めて提案します。

そしてあらゆる地域や場所で、
「物語」を長く有効にしていくためのマイルストーンとして桜の木を植えるとともに、
人々と「物語」を交感し、想い、語り合う場を創り、イノベーションを誘発するような新しい
「関係性(つながり)」と「物語」を築くことが出来るプログラムを実施しています。
創造性ある多様な物語を“創出し・記録し・贈っていく”ことが、
必ずより良い未来への一筋のアプローチになるという信念の基に。

〜 代表 田中孝幸 〜