未来スイッチとなる桜

この季節、日本には記憶を呼び戻すいろんなスイッチがあります。
例えば、ラジオから流れてくるユーミンの「卒業写真」。
僕は、この曲を聞くと学生時代の仲間を思い出し、みんな元気にしているのか?とつい懐かしく思います。
そして当時の光景を思い浮かべ、ノスタルジーを感じます。
皆さんは、どうでしょうか?
きっと皆さんの中にも、この時期ならではの記憶を呼び戻す
スイッチがあるのではないかと思います。
そして間もなく、
日本人の心に一斉に押されるスイッチがあります。それは『桜』です。
各地の桜の開花予想が発表されると、
「そろそろ桜の季節ですね」、
「花見をいつやろうか!」
といった会話が生まれ、出会いや再会へ繋がります。
『桜』には、ヒトの記憶を瞬時に呼び戻す魔力があります。
満開桜を見たり、香りを感じるだけで何か昔の淡く切ない想いを思い出すスイッチなのです。
『桜』にはもう一つスイッチがあります。
それは”未来を想像するスイッチ”。
皆さんと一緒に僕たちプロジェクトが植えた『桜』は、偶然そこで出会った方との協働作業で誕生しました。
植樹後の感想を聞くと、
「産みの親みたいなものだから、名前をつけなきゃ」と笑顔で答え、まるで子供の成長を期待する親心と一緒!
その後この『桜』は、皆さんの想いと共に未来へ紡がれる1つの物語となって一緒に成長しています。
「あの桜、今年は花を咲かすかな?」
「10年後、子供と一緒に桜の下で話がしたいな」と『桜』の成長を想像することが、実は未来の自分たちを想像することに繋がり僕たちの心を豊かにしてくれます。
そしてゆっくりと流れるこの時間の経過こそが、ヒトと桜の成長には大切な営みに感じます。
最初に植えてから4年の歳月が経ちました。
きっと『桜』たちも私たちの期待に応え、花を咲かすでしょう。
またこの『桜』を見守っている地元の”桜守”の方も、再び皆さんと
会えることを楽しみにしています。
そんな素晴らしい『桜』の季節が、
もう間もなくやってきます。